江尻事務所セミナー・研修サイトお客様の声沖縄県社会福祉協議会 伊良皆様

沖縄県社会福祉協議会 伊良皆様

Q1.なぜ江尻事務所(もしくは江尻)を選んだか?

 A. 江尻先生は沖縄県内の社協の事情にも詳しいので、安心してお願いすることができました。

沖縄県社会福祉協議会 伊良皆様今回の中堅職員宿泊研修を企画するにあたり、階層別の研修ということでより良い職場づくりであったり、職場のリーダーとしての役割を学ぶ内容にしたいと考えていました。

私の職場(沖縄県社会福祉協議会)の管理職研修を受講した私の上司が「江尻先生の研修内容がとても参考になったので、市町村社協の職員向けに実施してみては」との提案があり、江尻先生に依頼することになりました。

江尻先生は沖縄県内の社協の事情にも詳しいので、安心してお願いすることができました。

お客様の声 – 江尻事務所を選んだきっかけ 沖縄県社会福祉協議会様 –

Q2.研修の内容(承認力向上研修)はどうでしたか?

 A. 「承認」のもつ効果を分かりやすく解説いただきました。

管理職や中堅職員など、部下を抱えて組織で仕事をする中で、「承認」のもつ効果を分かりやすく解説いただきました。 「承認カード体験ワーク」では、自分の現状を振り返りながら行うことで、 自分の中にある課題について気づくことができました。
また、「承認ロールプレイング」では、単に「ほめる」ことと「承認」の違いを意識し、具体的な事実に着目して言葉にすることを学びました。

全体を通じて、部下とのコミュニケーションの取り方のポイントを学ぶことができ、研修終了後の日常業務において実践できる内容を持ち帰ることができたと思います。

Q3.研修の結果はどうでしたか?

 A. 承認力は仕事関係のみならず、友人関係や家族関係でもコミュニケーションを円滑にする際に使えると感じています。

普段の業務の中で「承認すること」を意識して行うようになりました。
「承認」するには、日頃から相手を良く見ていないといけないことを実感しています。

また、上司や先輩からの何気ない声かけにも「承認」が含まれていると感じとることができ、良い見本が身近にいることを感じています。

承認力は仕事関係のみならず、友人関係や家族関係でもコミュニケーションを円滑にする際に使えると感じています。

お答えいただいたお客様:沖縄県社会福祉協議会様
担当:伊良皆様
住所:沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目373-1 沖縄県総合福祉センター内
電話番号:098-887-2000(代表)
Web:http://www.okishakyo.or.jp/

社会保険労務士 江尻事務所
河野麻菜
メール:kawano@e-jimusho.jp

JALグループの国内線CA、外資系化粧品メーカーの美容部員を経て、ANAグループの国内線、国際線の客室乗務員を経験し、専門学校の教務として学校運営に携わる。

現在は、専門学校の非常勤講師としてビジネスマナーやキャリア支援を担当しながら、社会保険労務士 江尻事務所のファシリテーター職としてコンサルティングや企業研修に従事。エアラインで培ったノウハウを対人スキルアップのメニューに取り入れ、これまで担当してきたビジネスマナー教育やキャリア支援は5年間で500名以上。
また、キャリアを築いていく中で結婚・妊娠・出産と様々なライフイベントで悩んだことからワークライフバランスに興味を持ち、ワーク・ライフバランスコンサルタントの資格も取得。

河野のコラム
コロナ禍におけるビジネスマナー 第1回 コロナ禍におけるビジネスマナー ›
ワーク・ライフ・バランス 第4回 「多様な働き方」 ›
ワーク・ライフ・バランス 第3回 「テレワーク時代の社員の育て方」 ›
ワーク・ライフ・バランス 第2回 「育休明けのワーク・ライフ・バランスとは」 ›
ワークライフバランス 第1回 ワークライフバランスとは ›
経営戦略としてのビジネスマナー 第4回 聴き方 ›
経営戦略としてのビジネスマナー 第3回 お見送りの仕方 ›
経営戦略としてのビジネスマナー 第2回 名刺交換 ›
経営戦略としてのビジネスマナー 第1回 表情と目線 ›
職場で活かせるアンガーマネジメントスキル ›
今必要な人材開発 第三回「アサーション」 ›
今必要な人材開発 第二回「オンライン上でのマナーについて」 ›
今必要な人材開発 第一回「マナー&コミュニケーションの重要性」 ›

「ビジネスマナーカード」は社会人であれば、これだけは身につけておきたいというビジネスマナーを厳選・体系化し、7分類・全55枚のカードにして見える化したものです。 これだけ身につけておけば、周囲から認められ、仕事に対する自信と誇りを持つことができます。

そして、これを研修として体系化したものがビジネスマナー研修です。カードを使うので楽しみながらビジネスマナーが身につきます。内定者や新入社員ほか、さまざまな層へおすすめ致します。

詳細はこちらから ›