沖縄のビジネスマナー研修のことなら社会保険労務士 江尻事務所コラムアンガーマネジメントコラム怒りの感情のコントロール術 第1回「怒りの感情を知る」

怒りの感情のコントロール術 第1回「怒りの感情を知る」

年明けから再びコロナが流行りだし、各方面で様々な影響が出ています。自粛生活が続き、家庭や職場内でのストレスも溜まっていませんか?

今回からのコラムは「怒りの感情のコントロール術」についてご紹介します。
第1回目は「怒りの感情を知る」です。

育児にイライラするお母さん

1.怒ることのメリットやデメリットについて考える

皆さんは日頃から「怒る」という感情に向き合ったことはありますか?
この機会に「怒りの感情」について向き合ってみましょう。まず、怒ることのメリットとデメリットを考えてみてください。

怒りはどちらかというとマイナスイメージがあり、「後悔の気持ちが芽生える」「疲れる」「相手との関係性が悪くなる」など多くのデメリットが思い浮かぶでしょう。

一方、あまり考えたことはないと思いますが、怒りには実はメリットもあります。それは怒ることで自分を奮い立たせ、エネルギーに変えることができます。

例えば、スポーツ選手が負けた時の悔しさや怒りをパワーに変えていることや、失恋した悔しさをバネに自分磨きに力を入れることなどが挙げられます。

怒りは悪いことばかりではなく、目的を達成する力やプラス思考に繋げることができると「良い怒り」になります。
なので、怒りが全て悪いものではないということを理解してください。

2.この1週間で何に、どのように怒りましたか?

1週間で感じた怒りやイライラを思い出そうと思っても、忘れて記憶に無いという方も少なくないでしょう。人は怒りの感情を忘れてしまうから、何度も同じことで怒ってしまうのです。

怒りの感情をコントロールする演習として、怒りの記録をつけることで効果があります。私は日記をつけているのですが、日々の生活で感じた様々な感情や考えを綴っています。そこで見えてくるのは、自分自身の怒りの傾向や特徴です。

それでは自分の怒りの傾向や特徴を掴むとどう改善できるのかを紹介します。

3.感情のコントロールで乗り切るコロナ禍のイライラ

コロナの影響もあり、イライラすることが増えていませんか?
例えば楽しみにしていたイベントがキャンセルになったり、会いたい人や行きたい場所にも制限 がかかってしまうことが多くなりました。

私自身もやりたいことができず、気落ちしてしまうことがありました。
そんな時にできることに目を向ける発想で前向きに気持ちを保つようにしています。そして、実践している怒りの記録から、私は「時間に余裕が無い」「家が散らかっている」「子供が寝 てくれない」という3つのケースでよくイライラしていることが分かりました。そして、自粛生活の中で、この3つの要因を取り除く工夫をしています。

我が家の肝になってくるのが「早寝早起」です。
早寝早起によって「子供が規則正しく寝る」→「時間に余裕が生まれる」→「家の片付けができる」 という好循環を作ることができます。自粛生活2週間目に試行錯誤して、ようやくリズムを作ることができました。

このようにイライラしたことに向き合うことで、日々の生活のストレスの原因を見つけ出し、課題解 決に向かうことができるのです。

ぜひ生活の中で怒りの感情が芽生えた時、自分の怒りに向き合って過ごしてみて欲しいと思います。

いかがでしたでしょうか?
このコラムを読んでいただき、イライラした出来事があった時に思い出してもらえると嬉しいです。職場内で漂うイライラが消えると、人間関係も良くなり、組織としてのパフォーマンスにも良い影響が出ます。

江尻事務所では企業のパワハラ対策としてのアンガーマネジメント講座や、職場内のコミュニ ケーション講座を行なっています。 オンラインでの研修対応も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

社会保険労務士 江尻事務所
河野麻菜
メール:kawano@e-jimusho.jp

JALグループの国内線CA、外資系化粧品メーカーの美容部員を経て、ANAグループの国内線、国際線の客室乗務員を経験し、専門学校の教務として学校運営に携わる。

現在は、専門学校の非常勤講師としてビジネスマナーやキャリア支援を担当しながら、社会保険労務士 江尻事務所のファシリテーター職としてコンサルティングや企業研修に従事。エアラインで培ったノウハウを対人スキルアップのメニューに取り入れ、これまで担当してきたビジネスマナー教育やキャリア支援は5年間で500名以上。
また、キャリアを築いていく中で結婚・妊娠・出産と様々なライフイベントで悩んだことからワークライフバランスに興味を持ち、ワーク・ライフバランスコンサルタントの資格も取得。

河野のコラム
怒りの感情のコントロール術 第5回「パワハラ対策とエンゲージメント向上」›
怒りの感情のコントロール術 第4回「怒れない上司必見! 叱り方のポイント」›
怒りの感情のコントロール術 第3回「職場のイライラを解決するアンガーマネジメント術」›
怒りの感情のコントロール術 第2回「パワハラ対策」›
怒りの感情のコントロール術 第1回「怒りの感情を知る」›
沖縄県のワーク・ライフ・バランス 第4回「家庭保育と仕事の両立」›
沖縄県のワーク・ライフ・バランス 第3回「男性育休が必要なワケ」›
沖縄県のワーク・ライフ・バランス 第2回「ママのワーク・ライフ・バランス」›
沖縄県のワーク・ライフ・バランス 第1回「沖縄県のワーク・ライフ・バランスの取り組み」›
コロナ禍におけるビジネスマナー 第4回「伝え方」›
コロナ禍におけるビジネスマナー 第3回「福祉施設や保育園でのクレーム対応」›
コロナ禍におけるビジネスマナー 第2回「クレーム対応」›
コロナ禍におけるビジネスマナー 第1回「コロナ禍におけるビジネスマナー」›
ワーク・ライフ・バランス 第4回「多様な働き方」›
ワーク・ライフ・バランス 第3回「テレワーク時代の社員の育て方」›
ワーク・ライフ・バランス 第2回「育休明けのワーク・ライフ・バランスとは」›
ワーク・ライフ・バランス 第1回「ワーク・ライフ・バランスとは」›
経営戦略としてのビジネスマナー 第4回 聴き方 ›
経営戦略としてのビジネスマナー 第3回 お見送りの仕方 ›
経営戦略としてのビジネスマナー 第2回 名刺交換 ›
経営戦略としてのビジネスマナー 第1回 表情と目線 ›
職場で活かせるアンガーマネジメントスキル ›
今必要な人材開発 第三回「アサーション」›
今必要な人材開発 第二回「オンライン上でのマナーについて」›
今必要な人材開発 第一回「マナー&コミュニケーションの重要性」›

「ビジネスマナーカード」は社会人であれば、これだけは身につけておきたいというビジネスマナーを厳選・体系化し、7分類・全55枚のカードにして見える化したものです。 これだけ身につけておけば、周囲から認められ、仕事に対する自信と誇りを持つことができます。

そして、これを研修として体系化したものがビジネスマナー研修です。カードを使うので楽しみながらビジネスマナーが身につきます。内定者や新入社員ほか、さまざまな層へおすすめ致します。

詳細はこちらから ›